香水というのは、見た目ではどれも同じ物に見えるかも知れません。

しかし、トワレやパルファムにコロンと言って、香水にはそれぞれ持続時間が異なるタイプが存在しているのです。

 

コロンは一番、持続時間が短いので、よくお風呂上がりなどに好んでシュッと軽く使う女性も多くいるようです。

パルファムなどになると、半日などの持続時間となるので、あまり付けすぎてしまうと、良い香りが香るというよりも、付けすぎて周囲の人には不快な匂いと捕らえられてしまいます。なので、ほんの少し使用する程度に留めておくことが大切でしょう。

 

異性を意識して香水を使いたいのであれば、ほのかに香る程度に使う事がベターだと思います。

 

男性は、なるべく自然に香るシャンプー程度の匂いが好みという人も多くいます。ですから、香水を自分で付けてみて少し香りが弱いかなという程度が一番最適だと思います。

 

また、香水をよく首などに付ける人がいますが、首に付けると嗅覚が匂いに慣れすぎてしまって、香りが物足りなく感じてしまうという場合もあるようです。

ふわっと香らせたいのであれば、手首や足首などに付けるのがお勧めです。

 

そして香水は、時間が経つに連れて香りが変化するという事も知っておくと便利でしょう。ですから、テスターなどを利用して、自分好みの香りかどうかは時間の経過と共に知っておくのも得策だと思います。

 

香水は瓶もとても可愛らしいタイプが多いですが、フローラル系などがやはり異性には好印象でもありそうです。

香水初心者の人へのアドバイス

良い香りがする人と街中ですれ違うと、思わず振り返りたくなりますよね。香水には人をより魅力的にする効果があります。

しかし、香水初心者の人にとっては、香水選びも一苦労。香水屋さんに行ってもたくさん並ぶ商品の中からどれを選べばいいのか困ってしまうと思います。

 

まず、香水には香りの濃度に種類があります。パルファン、オードパルファン、オードトワレ、オーデコロンがあり、パルファンが一番香りがきつく、オーデコロンが一番軽い香りです。

香水初心者の方は、まずはオーデコロン、オードトワレ辺りから試してみると良いでしょう。

 

また、最近は、ボディーミストという商品も人気です。

これはその名の通り、体に使えるミスト状の液体なのですが、オーデコロンよりもさらに軽く、嬉しいことに保湿効果があるものもあります。

 

ボディーミストは薬局などでも買える上、お値段も1,000円以下の商品も多いので、気軽に購入して試してみることができますね。

しかし、香りの軽いボディーミストの場合をのぞき、香水をつける時には気をつけなくてはならないこともあります。

それはTPOに合わせて、香りやつける量を選ぶことです。香水はその人の体温によって、香りがきつくなることもあります。

 

また、湿度が高い夏場は、自分の想像以上に香りがきつくなり、周囲の人に迷惑をかけてしまうおそれもあります。

仕事や初対面の人に会うときなどは、足元や腰のあたりにワンプッシュ程度で軽く香らせるといいでしょう。

 

以上のことを踏まえて、自分にぴったりのお気に入りの香水を見つけて、より魅力的な女性になれると良いですね。