欧米人の女性はよく香水をつけていることがありますが、日本人はあまり香水をつける習慣がないようです。

でも、ほのかにいい香りがすると、その人の印象と香りが一致して、イメージが定着するものです。

 

私は香水があまり得意ではないのですが、幾つかお気に入りの香水があって、オードトワレなのですが、とってもいい香りがします。

 

フランスのアニックグタールという香水ですが、これはとても優しい香りがして、香水が苦手な私でもつけることができるのです。

独特な形の瓶に入っていて、天然の花の香りを使っていて、ケミカルな香りがしないところが素晴らしくいいのです。

 

アニックグタールというと、バラの香りの香水が有名ですが、私がお勧めするのは、フランス語で「スイカズラ」という意味の名前が付いているもので、これは2002年の限定版として発売されたのですが、あまりにも人気があったので、定番化されたものです。

 

香水にはパフュームという香水そのものと、オードトワレというちょっと薄めの香水などがあります。

日常使いにはオードトワレがいいです。そして、あまりつけすぎると、匂いの迷惑をかけてしまいますので、さりげなく香るくらいのつけ方がちょうどいいとされています。

 

香水はその人の体臭と合わさって、時間が経つとその人なりの香りに変化してくるので、同じ香りでも使う人によって微妙に香りが違ってくるものです。

つけるところはうなじやスカートの裾のところなどがあり、あまりつけすぎないことが大事です。

女性が香水を付け始める時の選び方や付け方

男性は清潔感がある女性を好む事が多いので香水を付けている方が好まれる事が多いです。

そのため今まで香水を付けた事がないという女性も彼氏を作りたいと思ったりすると香水を付け始める事でしょう。

 

そこで今回は、女性が香水を付け始める時の選び方や付け方などを見ていく事にしましょう。

 

女性が香水を付け始める時は彼氏を作りたい時や初めて男性とデートする時などですが、香水にもいろいろな香りがあるのでデートの時に適した香水を選ぶ必要があります。

女性同士でおしゃれをしたいという目的で香水を付ける場合は香りが強めでも構いませんが、男性を意識した目的で香水を付ける場合は香りが弱めの香水の方がおすすめです。

 

男性は香水の香り自体は好きですが、香りが強いと気持ちが悪くなってしまう事もあるので適度な香りの香水を付けて男性にアピールしてみるといいでしょう。

 

香水を付ける時は基本的に上半身を中心に付けますが、体から少し離した状態で香水を吹きかける事が大切になってきます。

体に近づけて香水を吹きかけてしまうと香水の香りが着ている服に染み込んでしまって臭いが強くなってしまいます。

 

そのため体から少し離した状態で優しく吹きかけてあげるとちょうど良い香りを漂わせる事が出来ます。

 

香水の中にアレルギー反応を起こしてしまう成分が含まれている場合があります。

そのため香水を付ける時には肌に痒みが出ないかどうかはしっかり確認しましょう。アレルギー反応が出始める時は痒みなのでもし出てしまった場合は違う香水に変えるようにしましょう。