香水は様々なメーカーやブランドから色々な種類の物が発売されているので、購入の際はとても悩みますよね。

今回はそんな香水のノウハウを沢山紹介して行きたいと思いますので、是非お役立て下さい。

 

~香水のそれぞれの違い~

香水はよく目にするものでコロン・トワレ・パルファムがありますよね。

これはどう違ってくるのか、端的に言うと濃度と持ち時間の違いなのです。

ちなみに一番マイルドで持続時間が短いのがコロン、香りも持ちも最も強いのがパルファムになります。

 

~香水の上手な選び方~

香水のそれぞれの違いが分かったところでとっておきの一本を選んで行きましょう。

香水はTPOで使い分けるのが大切ですが、初めて購入する方は最も香りの薄い「コロン」がおすすめです。

慣れて来たらトワレ、そして状況に応じてパルファムなど使い分けて行くのも楽しくておすすめです。

 

~香水のつけ方~

香水はつける場所によって香りも変わって来ます。

コロンなどは香りも薄いので首や髪に使用しても大丈夫ですが、トワレ以上のある程度強いものですと香りが広がり大変な事になりますので、おへそや足首あたりにつけるようにして下さい。

 

~おすすめの香り~

香水は甘いものからさわやかでフルーティーなものまで様々です。

一般的に男性は柑橘系や石鹸系の香りが好きなので探してみるといいかも知れません。

 

逆に強いフローラル系は苦手だという方も多い気がします。

私は石鹸系のコロンを付けていますがこれは評判が良いですよ。

 

~香水の注意点~

香水はきちんとTPOに応じてつけてください。

飲食店や乗り物内につけていくのはマナー違反になりますので、十分に注意をしながら香水ライフを楽しんでくださいね。

香水を選ぶ時に知っておきたい事

初めての香水を選ぶ時、大抵の女性は悩みますよね。

それは、香りとは、人の印象を決定的に印象付ける大切なアイテムだからです。

 

どうせ買うなら、失敗しない香水選びをしたいものです。

 

まず、パルファム・トワレ・コロンて何だろう?どう違うのかしら?と思う筈です。

 

これは、香料の濃度です。
コロン、トワレ、パルファムの順で香料の濃度が高くなっています。

 

では、香料の濃度が高いと、付けてからの持続時間がながいのか?と聞かれたら、答えはです。

 

持続時間に影響するのは、香料の種類です。

香り方にもいろいろ違いがありますよね。

 

例えば、みかんの皮を剥いた時のような柑橘系の香りは、瞬間的に香りますが、そう長続きしません。

むしろ、ボディソープのようなふんわりとした柔らかな香りの方が持続するように感じます。

 

また、香りは時間によって変化します。

香水を付けたての時と、自分の汗や体臭が混ざってからでは、香りも変わってくるのは当然です。

湿度の高い季節や低い季節でも変わります。

 

香水について記述してきましたが、最終的に香水を選ぶ基準は、やはり自分自身の感覚です。

柑橘系の香り、甘い香り、スパイシーな香り、ユニセックスな香り。

 

すぐに自分だけのお気に入りの香りが見つかるといいのですが、悩んだ時は、あまり深く考えずに自分が「好きだな」と思う物を選ぶのも良し、「この香りの人とすれ違ったらいい感じかも」と考えてみる第三者目線で選ぶのも良いでしょう。